田舎から引越しの思い出

田舎の実家を離れ、都会で一人暮らしを始めることになった時の事です。実家からアパートまで、車で5時間ほどの距離でした。母が引越しを手伝ってくれることになっていたんです。

バスで移動した母と私の方が荷物よりも早くアパートにつき、業者さんがトラックで運んでくれる荷物を待っていました。荷物が着き、さあ運ぶぞという時になって、母が疲れからか体調が悪くなってしまいました。

母には座って休んでもらって、一人で荷物を運びました。荷物は重かったですが、それより母にはいろいろと心配をかけてしまったのかなと心のほうが苦しかったのを覚えています。

引越しは無事に終わりましたが、今でも申し訳なかったと思います。
[PR]
# by markdarcyh | 2014-04-23 09:56

ブーツに異物が

ブーツのかかとの部分が減ってきたので、新しく張替えました。
お店に預けて取りに行って、いざ履いてみたらブーツのかかとの中に何かが入ってしまったようで、歩くたびにカランカランとちいさな音がなります。

かかと部分が結構大きめの靴で、中が空洞になっているので、靴を直している時に何か入ってしまったみたいです。

まあ本来ならばまたお店にいって取ってもらえばいいのですが、めんどくさがりの自分なのでこのままで履いてます。
歩くとカラカラ音がなってちょっと個性的かも?って思ってます。

いっそのことちいさな鈴とか入れてみたらかわいいんじゃないかなって思ってたりしてますが。
子供用のぽっくりみたいでいいかもしれませんね。


[PR]
# by markdarcyh | 2014-04-22 16:40

ダンボール集めに苦労した引越し

転勤が決まったことで、会社の寮から引越しをすることが決まりました。しかし引越しをする日までは残り1週間しかありません。但し仕事を休む訳にはいかないので、帰宅後に準備を行うことになったのです。そこで私が苦労したのが、ダンボール集めです。

実はネットで注文をしようと思っていたのですが、配送されるまで時間がかかってしまうので、それまで待っている訳にはいきません。そこで私は、近所のコンビニやスーパーなどに伺いまして、無料で使用して良い段ボールを持ち帰ったり、店員に直接ダンボールが欲しいと何度も訪問しました。実は車を持っていなかったので、徒歩で自宅まで持ち帰っていたのです。

また思うようなサイズが無かったこともあったので、今回の引越しはダンボール集めに苦労しました。


[PR]
# by markdarcyh | 2014-04-21 11:51

引越しの最中に雨が降ってきて大変だった

私は最近引越しをしました。引越し当日の朝はとても晴れていて、滞りなく荷物を引越し先に届けることができていたのですが、途中で天気が変わり、雨が降ってきたのです。

荷物は家の中にまで入れていると時間がかかるため、すべての荷物を運ぶまでは庭先に置いておくという手法を取っていたので、私たち家族は慌てて荷物を家の中に運び入れました。荷物のほとんどは袋かダンボールに入れていたため濡れずにすみましたが、家具などの大型のものは濡れてしまいました。金属製のものだったらすぐ乾きますが、木製の家具もあったので雨が木にしみこんでしまい、大変でした。

雨のバカヤローと叫びたい気持ちでいっぱいになりました。
[PR]
# by markdarcyh | 2014-04-17 11:05

引越しを何度もして思うこと

転勤族なので、6回引っ越しました。
引越しはその度にいろんなエネルギーが必要で、こりごりという思いもありますが、
いつの間にか、何年か経つと生活に不満があってもなくても「そろそろ引っ越したいな」という思いがふつふつと湧いてくるのです。
気持ちというより、体がそういう風に定期的に移動するという風にインプットされてしまったのではないかと密かに思っています。
何もかもリセットできるという反面、せっかくできた人間関係も失うことも事実です。

よほど親しくなったら、離れて時間が経っても連絡は取り合いますが、顔見知り程度でも積み重ねたものは大きいので、それらを失うのは打撃です。
ただ、そういう経験を繰り返した結果か、どこであっても、ここをもう動きたくないという執着は、良くも悪くも浅いと思います。


[PR]
# by markdarcyh | 2014-04-16 10:12